新型コロナウイルス感染症に関するスタジオ最新情報はこちらから

No Record Of This Week Found
No Class record found.

ダミアン・マッキンリー

シェアする:

幼い頃の多くの時間を、アメリカ太平洋岸北西部の山などのアウトドアで過ごす。バーモント大学では環境科学と植物学を学ぶ。ロッククライマーでもあるダミアンだが、その調整のために、大学時代に3ヶ月間のジムクラスとして受けたのが、ヨガや療法との最初の出会いであった。アスリートとして、ヨガの動きやポーズに魅了され、さらに微細なハタヨガの練習へと後に続く入り口となった。大学後は2000年に北太平洋の漁業についての海洋生物学者として従事、その際に痛めていた背中の治療のために長期間のヨガリトリートに参加し、その経験をきっかけに以降、ヨガのプラクティスのさらに深い探求を始める。

ボディーワークや体に対する療法に興味を持ち、ダミアンはタイマッサージを学ぶために、2002年タイのチェンマイへ向かう。そして、それに続きニューヨークにおいて、ヤムナ・ボディ・ローリングシステムとボディ・ロジックの開発者であり、優れたボディワークのセラピストであるヤムナ・ゼイクとともに学ぶ。体の物理的、そして微細なレベルの秩序について、また、ボディワークを通して、どのように体の構造の中の、生まれ持った知性やエネルギーを目覚め起こすかについて学ぶ。それは彼にとって、体の持つ全体性への可能性や癒しという大きな謎へのすばらしい旅のように思えた。3年間、ニューヨークのヤムナ・ゼイクのもとで実習をし、そこでの生活に疲労したダミアンはその後、アジアへの旅行中に本格的なヨガのプラクティスを新しいものにしていく。

キルタンと歌うことへの愛情は、ロサンジェルスのデビッド・ストリンガーとの学びへと導き、彼は自分のヨガのクラスやワークショップではよくハーモニウムを使う。

ヨガのプラクティスがどのようにその人の可能性や異なる側面を調和させ、目覚めさせるために作られているか、そしてどのように健康と癒しが熱心で知識のあるヨガのプラクティスの不可避の結果となるのか、究極的にダミアンはそれに魅了され、彼の生徒に伝えていこうとしている。

現在、彼はハワイのカウアイ島に在住、定期的なヨガのクラスを教え、ボディ・ロジックのボディワークのセッションも持つ。水泳やスノーケル、ハイキングなど、許す限りの時間をアウトドアでのアドベンチャーに費やしている。

師に対する計り知れない彼の感謝には、エミール・ウェンデルやジュリー・マーチン、 フリダヤ・ハーミテッジのゴーパラ、クライブ・シェリダン、シヴァ・リー、マーク・ウィットウェル、スジン・グリーン、ヤムナ・ゼイク、サンドラ・ドゥプラン、ゴッドフリー・デブルー、そしてニューヨークや世界中のアクロヨガ・クラが含まれる。