「ヨガは~」とは限らない

シェアする:
「ヨガは~」とは限らない | 哲学 短編集

これは、私が過去5 年ほどYogaJayaで教えてきたヨガ哲学の講座に基づいた今後の一連の記事の最初のものです。

序文として、この哲学の講座を受講したヨガジャヤのTT卒業生の一人からのコメントをシェアしたいと思います。

「yogaには流派があるものの、ヨガを教える立場にあるということは、patanjaliのyoga sutraを自身の経典として大事に持っておくことだという思い込みがあったので、 その考えのベースが崩されたのがとても衝撃的だった。 どの流派に所属するべきという話は一切なく、全体を見渡せるように知識を授けてもらえたのが良かったと思う。おかげで自分の今の立ち位置がわかり、そこから新たに選び直すことができると思った。正解はなく、この時代のこの考え方だとこうだ、というようにいろいろな考え方を学べたので、かなり自分の視野が広がったと感じる。 TTの学びとは関係のない日常生活においても視野が広がったなと感じる場面があり、自分に変化を与えてくれたのでとても大きな学びでした。」

このコメントで気に入っているのは、多くの現代のヨガ講師に共通するスタンスを捉えていることと、そして、さまざまなアイデアの概要を中立的な方法で提示されると、人々が見方を変え、自分の立ち位置を見つけることができることを示しているのです。

いわゆる「ヨガ哲学」がパタンジャリの 八支則と同一視される傾向。体と心のバランスの取れた状態を見つけるためのツールとしてアーサナの練習をする前に良い人になることを目指す必要がある(アーサナの前にヤマとニヤマを)という考えがインドの賢者の最大の知恵としてみなされている事実。このようなことに出会うたびに、切ない気持ちになるのです。こんな現実に応えて、この哲学の講座を発展してきたのです。

以下は上記のビデオのブログ版です。 (ビデオの脚本:アーシャ、ナレーション:里子)

ヨガの哲学とは?

まず始めに、ここでは「ヨガの哲学」を学ぶのではなく、「ヨガ」という言葉を分類上の区分として理解しようと試みることが主な目的であるとしましょう。
この場合、「ヨガ」と呼ばれるものは、どのようなものでしょう?
「ヨガ」とは何なのでしょう?

すでに東洋哲学に深い関心を持っている場合や、このテーマに関して学術的に学んだ場合を除き、インド以外の国にいる人が「ヨガ哲学」について学びたいと思うようになる最も可能性の高い系譜は、ヨガのクラスを受けた後でしょう。すなわちアーサナ、場合によってはプラナヤマや瞑想を体験した後です。

この「古代インドの練習」についてもっと知りたいと思うかもしれませんし、このような「ヨガ哲学」と言われていることを勉強することが必要となるヨガのティーチャートレーニングを受講するかもしれません。

現時点では、大半のインターネット情報や大半のティーチャートレーニングは、非常にシンプルで説得力のある物語を提供しています。

ヨガは、単なる運動ではない!

/ ここからは、スピリチュアルな音楽をかけ、アロマキャンドルを灯し、柔らかい声で続けましょう /

地元のヨガスタジオで行うこのヨガの練習は単なる運動ではなく、
「ヨガスートラ」と呼ばれるインドの原本にさかのぼることができるものであると。
この原本はインドの賢者パタンジャリによって書かれたため、「パタンジャラ ヨガ」とも呼ばれ、ヨガが単なるアーサナではなく 八支則からなる複雑なシステムであり、
最初の2支則は倫理的な順守、
三つ目の支則はアーサナ、肉体的な練習、
そしてこれらの頂点にサマーディという、ある種の超越的な状態があると。
同時に、ヨガは体とマインドのバランスと融合に関するものであるという一般的な考えがあるため、この最終的な超越的な段階であるサマーディは、バランス、幸福、心の安らぎ、体とマインドの融合であると想像しやすいのです。

/ ここで、音楽を止め、キャンドルを吹き消し(←隠喩、わかりますか?)、通常の声で読み続けましょう /

真実の度合い

このような印象は大変のインターネット情報検索者やヨガの練習者を満たし、広がり、数多くの情報源や人々が同じ視点を共有するため、それを真実だと思うようになるのです。また、多くの人々が真実であると信じているため、ある意味では真実なのです。

しかしながら、この印象は極めて限定的であり、歴史の中でのヨガの多くの形態の発展と多様性を捉えていないのです。このような観点から、ここからは、この極めて限定的でありながらも幅広く共有されている視点に集中するのではなく、むしろ全体像をみていきます

/ つづく /

シェルバコーワ・アーシャ

アーシャは、人類遺伝学の修士号とバイオテクノロジーの博士号を取得しています。 DNA、学習、炎症に対するストレスの影響を研究した実績があり、現在中鎖脂肪酸が脳や認知に及ぼす影響を研究しています。側頭葉てんかんを患っており、食事と運動練習を通じて薬物をすべて排除することに成功した。BASEWORKS 開発者として、練習関連の様々な体験にあるメカニズム、特に運動機能と認知機能の交差点を理解することに深い興味を持っています。彼女は5歳の頃から東洋哲学に興味を持っており、この分野における彼女の最大の関心は日本の密教に関連しています。

ヨガジャヤの生徒たちの声

肉体的に自分の体が変化していき、体も精神的にも安定し、地に足がしっかり付く感覚を感じた。自分の体の詳細な部分や精神的な部分に集中して意識を向ける事ができた。

「YOGAJAYA学び」プラットフォーム

  • 経験豊富な教師や研究者によって作成された数百の有益な講義ビデオで楽しく学習できます。独自の視点、学習の生理学を考慮したアプローチ。
  • 身体意識を構築し、柔軟性、強度、動きの制御力、体の理解を安全に開発する練習方法。オンラインでも効果的。

YOGAJAYAティーチャートレーニング

  • 過去5年間にわたって開発・微調整されたインタラクティブなオンラインプラットフォーム。ユニークな学習構造。
  • 自分のペースで学習。一括前払いなし。決める前に試した方がいいです。
  • すべての対面学習は少人数のグループまたは マンツーマンのみ。
  • 暗記よりもくスキル構築と理解に重点。
  • 卒業生の 100% がすぐに教えることに自信があると回答しました。
  • 完全オンライン。ただしハイブリッドオプションも可能。

我々のメソッド

  • 「理にかなう練習」
  • 「点と点を繋げる練習」
  • 「なぜ」を理解したい人のための練習方法