正しいヨガアライメントとは?

シェアする:
「正しい」 ヨガアライメントとは? その 1 | 現代ヨガ 短編集

ヨガの世界では、「正しいアライメント」という概念は非常にとらえどころがないものです。何が「正しい」のかは誰が決めるのだろう?それは心地よさなのか、自分の身体を知ることなのか。また、柔軟性や強度がなく、標準的なポーズがとれない人はどうするのか?

ヨガのアライメントに対する考え方は、伝統、指導者、練習者、文脈によって異なります。また、アライメントの違いによって得られる結果も異なり、身体能力に制限のある人や怪我をしている人には適さないポーズもあることに注意することが重要です。その場では無害に見えるものでも、長い目で見ると慢性的な害をもたらすこともあります。

ここヨガジャヤでは、アライメントへのアプローチは安全性を優先し、身体能力、スキル、身体意識の発達を促すように進化してきました。私たちのデジタルライブラリーには、100以上のポーズとバリエーションを収録した86本のビデオがあり、複数のカメラアングルから私たちのアプローチを実演し、重要なディテールを強調しています。

私たちは究極の正しいアライメントを持つとは主張しませんが、誰もが私たちのアプローチから恩恵を受け、学ぶことができると信じています。

オアンシア・パトリック

YogaJaya TTディレクター | カリキュラム設計 | 主任。 BASEWORKS Practice動きのシステム創作者、兼、YogaJayaスタジオ創立者。彼のマインド・ボディ練習への取り組みは、機能運動、ハタヨガ、フィットネス、科学的研究、異なる伝統からくる形而上学にインスピレーションを受けている。30年以上にわたり、運動競技から、アイアンガー、シヴァナンダ、アシュタンガ・ヴィンヤサを含めたハタヨガ・アサナ伝統の研究に没頭すると同時に、肉体的練習を超えた、より繊細な応用の数々を研ぎ澄ましてきた。パトリックのミッションは、ヨガとフィットネス、他の英知ある伝統哲学や社会学の特質を科学と調和させることにあり、結果として環境との共存、自意識の高まり、自立心、直感を頼りにする状態を高めること。彼はカリキュラム開発、ティーチャートレーニングプログラムの指揮監督、ワークショップやリトリート主催を国際的に行っている。

ヨガジャヤの生徒たちの声

肉体的に自分の体が変化していき、体も精神的にも安定し、地に足がしっかり付く感覚を感じた。自分の体の詳細な部分や精神的な部分に集中して意識を向ける事ができた。

「YOGAJAYA学び」プラットフォーム

  • 経験豊富な教師や研究者によって作成された数百の有益な講義ビデオで楽しく学習できます。独自の視点、学習の生理学を考慮したアプローチ。
  • 身体意識を構築し、柔軟性、強度、動きの制御力、体の理解を安全に開発する練習方法。オンラインでも効果的。

YOGAJAYAティーチャートレーニング

  • 過去5年間にわたって開発・微調整されたインタラクティブなオンラインプラットフォーム。ユニークな学習構造。
  • 自分のペースで学習。一括前払いなし。決める前に試した方がいいです。
  • すべての対面学習は少人数のグループまたは マンツーマンのみ。
  • 暗記よりもくスキル構築と理解に重点。
  • 卒業生の 100% がすぐに教えることに自信があると回答しました。
  • 完全オンライン。ただしハイブリッドオプションも可能。

我々のメソッド

  • 「理にかなう練習」
  • 「点と点を繋げる練習」
  • 「なぜ」を理解したい人のための練習方法