新型コロナウイルス感染症に関するスタジオ最新情報はこちらから

No Record Of This Week Found
No Class record found.

フィリップ・レムケ

シェアする:

フィリップ・E・レムケはドイツの医師の家庭に生まれた。

16歳でヘルマン・ヘッセがインドと悟りの探求についての古典的な話を書いた『シッダールタ』を紹介された。何度かその本を読んだ後、フィリップはドイツで、ヨガと瞑想のクラスに初めて訪れた。

高校卒業後、1993年にフィリップはインドへ行った。続く9年間のほとんどをそこに住み、様々なかたちのヨガや瞑想、東洋哲学を学んだ。

彼にとっての主な影響は、S.N.ゴエンカ、多くの洞察瞑想の指導者たち、シバナンダ、サッチダナンダやアイアンガーの伝統、クライブ・シェリダン、ジョルジュ・フュレンスタインがいる。

1998年、フィリップは4ヶ月のビハール・スクールのヨガティーチャートレーニングをムンゲールにて修了した。2003年にはオーストラリアに移り、9ヶ月間のヨガアーツ・ティーチャートレーニングを修了した。

フィリップは同時に指圧療法士であり、漢方を学び、熱心な気功プラクティショナーでもある。

2004年から、フィリップはインターナショナル・ヨガティーチャートレーニングコース(ヨガアーツ、ヨガジャヤ、イシュタ、インスピア、WINstitut)にて指導している。

ヨガのプラクティスにより深みと探求をもたらすべく、2010年にフィリップはInsight Yogaという自身のプロジェクットを開始。

世界を廻っていないときは、バイロンベイにてティーチャートレーニングのマニュアル執筆をしているか、薬物からのリハビリセンターで働いている。