新型肺炎コロナウィルス対策としてYOGAJAYAが行っていること

新型肺炎コロナウィルス情報

最新情報

2020年5月21日

新型コロナウイルス感染症:スタジオへの影響

ご存知のとおり、今年2月から新型コロナウイルス感染症によりスタジオが大きく影響され、最終的には休業要請に従う形でスタジオは当面の間、臨時休業状態となりました。

自粛要請に従いたいと希望される生徒や先生もいらしたことから、2月下旬よりクラス出席数とクラス開催数が90%減にまで至る状況となり、休業要請に従いスタジオを当面の間は臨時休業とした4月11日の段階では、スタジオ史上 最も過酷な損失を被ることになりました。

パンデミックの現状

コミュニティに貢献し続け前進することができるよう、私たちは以下の事実と真剣に向き合ってきました。

  • 新型コロナウイルス感染症はインフルエンザよりも致命的で感染力があり、史上最悪のパンデミックであると世界的に認識されている
  • 現時点では緩和/対処するための治療法・手当て・方法がなく、何かが開発されたとしても、世界的に利用できるまでには手続き上、最低12-18ヶ月の医療検査期間が必要となる
  • 年齢に関係なく誰もが環境を問わず感染し、発症しないこともあるため、ソーシャルディスタンシング/社会距離といった対応が必要となる
  • 自然免疫を人々が手に入れるには長年の歳月がかかる
  • 世界的に史上最悪の経済危機に突入しており、明確な解決策や予測可能な見通しがない
  • まだ非常に曖昧な部分が多いため、今後どのように展開していくか見極めることが難しい

これらをすべて考慮した末、5月15日をもって、代官山にある物理的な建物・空間を退去することにいたしました。

この決断を下すことは簡単なことではありませんでした。もちろん、もう1-2ヶ月、利用できない建物の家賃を払いながら損失を吸収するということもできたかもしれません。とはいえ、先生・生徒が共に安心して日常的に一般公開クラスに参加することができるタイミングが見えないなか、経済的にも持続可能な方法で人々に学びと練習の場を提供し続けることができるよう、私たちは大きく変化することが求められたのです。

YogaJaya:これから先

現在、他の物理的な練習空間を同じ界隈で探しています。もちろん、物理的な練習空間の再開はパンデミックが完全にコントロールできるものになったタイミングにてのみ行います。

それまでは、引き続きプログラムをとおして構築してきた学びの場を提供し続けることでコミュニティに貢献することに専念できるよう、私たちのすべてを以下に注いでいきます。

1. 大規模なオンライン学習基盤の開始。すでにコンテンツは撮影プロデュースされており、現在、一般公開に向けて最終段階にあります。

これは何百という事前収録されたシークエンス、練習に関するコツ、個々のフォルム・ポーズ映像の集大成となっており、異なる認証講師によって提供されることで多様な体験を確かなものにするのです。

2. 生放送の生徒-先生セッション形式の提供。これは上記1の事前収録オンラインコンテンツに付随するものであり、認証講師によって指導されます。

Zoomで行われるクラスとは異なり、これは練習の質とテクニックを磨く過程において出てくる疑問に応え、的確なフィードバックを提供することに着目する生放送セッションとなります。Baseworks Master Classに似たようなものです。  

3. 可能であれば、健全で安全な環境を提供することに適した物理的な空間にて 一般公開クラス、イベント、コース、ワークショップ、特化トレーニングプログラムなど、対個人指導を提供していきます。  

4. ティーチャートレーニングプログラムを、状況に応じる形でオンライン/バーチャル、ハイブリッド(オンライン/バーチャルと対個人の組み合わせ)、完全な対個人、と形式を変えながら、引き続き提供し続けます。

ティーチャートレーニングは私たちの提供するプログラムの重要な一部でもあります。すでに大規模なティーチャートレーニング専用のオンライン学習基盤を構築していたため、オンライン/バーチャル学習に関するウェビナーを100,000人以上のグローバルコミュニティに提供するするようヨガアライアンスから声がかかり、先月4月に日本語で日本の人々に、英語で世界各地の人々に向けてウェビナーを開催いたしました。私たちのティーチャートレーニングにてオンライン/バーチャル学習がどのように活用されているかにご関心があるようであれば、是非こちらのアーカイブ録画をご覧ください。

これらすべてをとおして私たちは より包括的で柔軟な学習基盤を提供することを目指しており、誰もが好きな時間と場所から私たちのプログラムに参加することができるようになるのです。

このようにYogaJayaは、これらをすべて導入しながら現状に最適に応じる形で今後もコミュニティに貢献し続けていきます。

2020年4月10日

新型コロナウィルス感染症の現状と緊急事態宣言を受け、4月11日(土)よりスタジオを臨時休業いたします。その後のスケジュール詳細は、政府/自治体からの要請や今後の状況変化に適切に応じる形でご連絡させていただきます。ご迷惑をおかけしておりますが、何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2020年3月27日

新型コロナウイルス感染症の現状に応じ 小池都知事による東京都/首都圏の外出自粛要請を踏まえ、3月28日と29日の週末は臨時休業となります。回数券は休業期間分を延長いたします。

2020年3月11日

予定どおり3月12日からスタジオの営業を再開いたしますが、新型コロナウイルス感染症の現状を考慮した対応とスタジオ方針の調整をおこなうことで、可能な限り安全な練習空間で練習を継続実現できるようにいたしますので、何卒ご理解よろしくお願いいたします。

スタジオに練習にいらっしゃる場合は、必ず最後までお読みいただき、スタジオ利用についての変更・注意点をご確認いただくことで、可能な限り安全な練習環境の実現にご協力をお願いいできればと思います:

2020年3月11日

スタジオ衛生対策:

  • 講師スタッフが風邪の症状(咳やくしゃみ、喉の痛み、咳、鼻水、呼吸器症状)を体験したり発熱している場合は、度合いに関係なく、クラスは代行もしくはキャンセルとなります。スタジオにいらっしゃる前に、クラスがキャンセルされていないかを必ずご確認お願いいたします。
  • アルコール消毒剤を引き続き設置いたします。
  • 手洗い石鹸を引き続き提供いたします。
  • 殺菌作用のあるエタノール、クエン酸、ティーツリーオイルで作ったマット除菌スプレーを引き続き提供いたします。なお、ご自身のマットを持参いただく必要があると共に、マット除菌スプレーを利用するためのタオルを持参いただく必要があります。
  • 定期的にスタジオをクリーニング/除菌いたします。
  • クラス前後、クラス中、クラス間の換気を定期的に行います。
  • 病原体を根絶すべく、定期的にスタジオで紫外線Cランプを利用いたします。
  • 講師による体に触れるアシストは最小限にとどめ、講師による体に触れるアシストが行われた場合は、アシスト後、講師はアルコール消毒剤を利用いたします。
  • 講師や生徒がマスク着用することもあります。

重要事項:スタジオ利用に関する変更

 

クラス参加人数:

クラス参加人数を14名に限定いたします。事前に予約されることをお勧めいたします。クラスが定員に達し予約ができない場合、スタジオにいらしてキャンセル待ちをすることは可能ではありますが、クラス参加を保証することはできませんのでご了承ください。席を確保すべくオンラインで事前予約いただき、キャンセルされる場合はクラス開始3時間前以前にキャンセルいただくことでチケット返却すると共に、他の方々がクラス参加できるようご協力いただければと思います。

 

マットとマット拭きタオル:

現状をふまえ、本当の意味で衛生的かつ安全な方法でマットを提供することができないという結論に至りました。マットをタオル、スキッドレス、ラグなどで覆うことは可能ではあるものの、マットとマット拭きタオルを使用した直後に、マットタオル/スキッドレス/ラグを洗濯し除菌しない限りは、安全ではない危険性があります。徹底的なモニタリングができないため、スタジオにいらっしゃる際は以下を必ず準備持参いただければと思います。

 

  • ご自身のマットを持参ください。フロアは定期的に除菌されますので、直接フロアの上で練習していただいても問題ありません。(生徒や先生の多くは、元々マットなしで練習を行っています。)
  • ハンドタオルを1-2枚、持参ください。一枚は汗を拭うため、もう一枚はマット除菌スプレーでご自身のマットを拭き取るためとなります。
  • ブロックは提供されますが、ストラップ/ボルスター/ブランケットなどの他のプロップは提供されません。ご自身の練習に必要な場合は持参お願いいたします。

その他ご協力のお願い:

  • 風邪の症状(咳やくしゃみ、喉の痛み、咳、鼻水、呼吸器症状)を体験したり発熱している場合は、クラス参加をお控えください。
  • クラス参加中に上記の症状のいずれかがでてきた場合は、退出され、通院しご自宅でしっかり回復され、症状がすべてなくなるまではクラス参加をお控えください。
  • 練習空間を換気のため、クラス前後、クラス中、クラス間に窓を開放すると共に ブランケットは提供されませんので、体が冷えないウェア/レイヤー/長袖を持参ください。
  • 忘れ物を保管するバスケットは撤去され、忘れ物は破棄されます。スタジオを去る際、

お忘れ物がないよう確認をお願いいたします。

 

最後のお願い:

こちらでお伝えさせていただいたことと日々変化している新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、しっかりと最新の情報を確認しながら注意・対応されること、何卒ご協力お願いいたします。

 

状況は日々変化しているため、我々の対策自体にも変更が生じる可能性があります。変更含めた最新情報はメールでご連絡いたしますので、yogajaya.comからのメールが迷惑メール扱いとならないようご確認をお願いすると共に、こちらのページを随時ご確認いただければと思います。

 

基本的な予防対策情報に関しては、世界保健機関(WHO)のウェブサイトをご確認ください。

厚生労働省ホームページ:

日本語

英語

インフルエンザなどの病気に関するさらなる配慮

新型肺炎コロナウィルスや、他のすべての病気に関する配慮をお願いいただければと思います。

YogaJayaでは、スタジオという同じ空間で生徒と講師スタッフが共に練習に働きかけています。必然的に、病気の人と接触する可能性も高まるのです。

練習中に病気が広がる危険性を予防するために、以下の事柄を考慮いただけると幸いです。

  • 練習中に病気が広がる危険性を予防するために、以下の事柄を考慮いただけると幸いです。
  • インフルエンザに似た症状(発熱、呼吸器症状、悪寒、体の痛み、頭痛、疲労、嘔吐、下痢、など)がある場合は、自宅で安静にするようお願いします。
  • インフルエンザにかかった場合は、症状がなくなり完全に復帰されてから最低48時間、時間をおいたうえでスタジオにいらしてください。
  • スタジオに到着された際、体調が優れない場合はクラス受講をお控えください。
  • クラス中にインフルエンザの症状が出てきた場合は、クラスを途中で退出いただき自宅で復帰に向け安静にするようお願いします。
  • 体調が優れずご自身で帰宅することができない場合、無事帰宅できるよう緊急連絡先の方にご連絡することができるようご協力いたします。
  • 病気の場合は自宅で復帰に向け安静にし、病気が広がらないようご協力をお願いいたします。
  • 病気が理由でクラス開始時間の3時間前より遅れてキャンセルする必要がある場合は、ご連絡いただければ予約に利用されたチケットを返却させていただきます。