xChange @ a-bridge

September 29, 2007 - September 30, 2007
Tags : | サステナビリティ | ハタヨガ | 表現アート | 音楽

jayajaya & koko niwaプロデュース

さぁ、サステナブル・カルチャーの幕開けです!
xChangeは、持続可能で平和なライフスタイルと、アートや音楽などのカルチャーが融合した新しいタイプのイベントです。クリエイティブで自由な空間の中でコンシャスなマインドの人たちが集います。アイデアから経験からビジョンからエネルギーから、何でもかんでも交換(エクスチェンジ)し合いましょう。xChangeの目的は一人一人が触発され、自然と調和した社会のデザインを描くこと。またよりよい社会を創造するムーブメントをもっと加速させていくことです。

今回のイベントのテーマは、未来のファッション。参加者全員が服を交換する、スワップ・パーティーを開催します。題して「ファッション・スワップ・パーティー」!xChange(交換)したいファッション・アイテム(服、アクセサリ、鞄、靴、スカーフ、なんでも)を最低一つ持参で遊びにきてください。

Advanced hatha yoga performance by Matej Jurenka

Light, visuals, decorations by Interstella

さぁ、サステナブル・カルチャーの幕開けです!
xChangeは、持続可能で平和なライフスタイルと、アートや音楽などのカルチャーが融合した新しいタイプのイベントです。クリエイティブで自由な空間の中でコンシャスなマインドの人たちが集います。アイデアから経験からビジョンからエネルギーから、何でもかんでも交換(エクスチェンジ)し合いましょう。xChangeの目的は一人一人が触発され、自然と調和した社会のデザインを描くこと。またよりよい社会を創造するムーブメントをもっと加速させていくことです。

今回のイベントのテーマは、未来のファッション。参加者全員が服を交換する、スワップ・パーティーを開催します。題して「ファッション・スワップ・パーティー」!xChange(交換)したいファッション・アイテム(服、アクセサリ、鞄、靴、スカーフ、なんでも)を最低一つ持参で遊びにきてください。

Dj Patrick Oancia (JayaJaya, Para Impacto)

Dj Richie (Interstella)

Richieは1993年、トランス/テクノシーンがまさに起こりつつある時期に、DJ R1として招聘され来日し、DJとして活動を続け、Twilight Zone, Key Energy, Odyssey, Horizon, Geoid, Vitamin-Q, DakiniそしてAnoyoといった、数々の鮮やかなパーティーでプレイしてきた。現在はフリーランスの大工/家具制作もしており、そして余暇には巨大な万華鏡やオブジェ等を制作するなど、そのオリジナルなクリエイティビティを発揮している。

Dj John Connell (Grain Records)

<みなさん!>

イベントに遊びに来る際には着なくなった服、はかなくなった靴、身につけなくなったバッグやアクセサリーなどのファッション・アイテムを持って来て下さい。それを似合いそうな人や欲しい人と交換して、自分も新しいアイテムをゲットしましょう!新しいお洒落も楽しいし、捨てられてしまったかもしれない服もこれなら他の誰かの大切なファッション・アイテムとしてリユースされるので良い事づくめ。「ファッション・スワップ・パーティー」は、すでにあるモノを大切に使う工夫を楽しみながら、オルタナティブなライフスタイルを共有するイベントです。

好きなだけアイテムを持参いただいて構いません。ただしイベントに持ちこむアイテムは最近洗ったもの、汚れがあっても目立たないもの、他の人が欲しいなと思うようなものに限ります! 服以外のアイテム(靴、アクセサリー、帽子など)も受け付けますが、引き取り手のなかった場合は責任を持ってお持ち帰り下さい。イベントでは回収していません。気に入ったアイテムを全部持って帰れるように、こっそりエコバックを持ってくるのも、お忘れなく!

引き取り手のなかった服たちは、神奈川県のボランティア団体ファイバーリサイクルネットワーク(jimfiber.ld.infoseek.co.jp)へ寄付され、そのまま着られるものは東南アジアへ、使い込んだ繊維はウエス(機械手入れ用の雑巾)に、そしてそれ以外のものは再度繊維に戻して利用されます。

「ファッション・スワップ・パーティー」は、人が自然とのつながりを取り戻した持続可能な社会を、ファッションを通じて実現していこうという実験的な試みです。みなさまの積極的な参加を是非お待ちしています!

< Contributing Designers for Fashion Swap >

Hikari

音楽と旅と自然からインスピレーションを受けてバリで製作を続ける老舗ブランド。最近ではオーガニックコットンや自然の染料を使用したラインを打ち出し、活動の幅を広げている。

InaRio

リサイクルされた革を丹念に加工した一点もののスカートなどのアイテムの製作を手がける。人間界と自然界のつながりが希薄になった現在、動物的な感性や伝統的な生活様式を彷彿とさせる衣装作りが狙い。

LunatiCanapa

デザイナー田村恵子が山と海に抱かれた葉山のアトリエで製作を手がけるブランド。一人一人の身体に合うオーダーメイドを基調にし、素材はヘンプを多用して流行にとらわれないモノ作りを心がけている。

Nebulavo

デザイナー織田めぐみによるレディースブランド。リサイクルを目的としたリメイク、天然の素材、旅で出会ったハンドクラフトなどから「既に存在するもの」を受け入れて変容させることで新しいものを作り出している。世の中に服が溢れている今、NEBULAVOは一点一点を大切にし、これ以上無駄な服が増えないよう、大量生産をしないスタンスをとっている。

Punk Drunkers

どこにも属さないオリジナリティーを追究して制作するクリエイティブ集団。1990年の「地球環境サミット」でのセヴァン・スズキのスピーチに触発され、エコちゃんTシャツも制作するなど、エコロジーを意識した創作活動もスタートさせている。

www.punk-d.com

Renature

中国に麻の畑を所有し、生地となるオーガニックヘンプコットンの素材作りから仕上げまで、すべてを自社でおこなっているブランド。ナチュラルな色合いと、やわらかくて丈夫なヘンプコットン生地は根強い人気。フジロックなどの野外フェスとのコラボレーションも積極的に手がける。

Yuga

オーガニックコットンとナチュラルダイにこだわったベビー服のブランド。コットンはインド、縫製は全て日本で手がけるカラフルな全く新しいベビー服。オンラインショップも充実。ブログではオーガニックな服作りやスローな子育てについて発信中。

www.yugacolor.com

イベントの背景

●1枚のコットンTシャツを作るのに、大さじ10杯分の化学肥料が使用されています。

●日本では1人当たり服を年間10キロ買って、9キロ捨てています。

●アメリカで17ドルで売られている野球帽。そのうちバングラデシュの生産者に支払われるのは1.6セントです。

(Sustainable Planet: Solutions for the Twenty-first century 「持続可能な地球:21世紀の解決法」より)

「服」は、例えばプラスチックや肉のようなモノに比べて、環境にも社会にも「ダーティー」なイメージがつきまとうものではありません。しかし良く見ると「原材料の採取ー染めー加工ー運送ー廃棄」に至るまで、実はそこには多くの共通した「自然環境と労働者へのはてしない負荷の物語」が隠されていることが分かります。

私たちのタンスの中の服のほとんどには、ポリエステル、エラスタン、ライクラといった弾力性繊維が含まれています。こうした安く扱いやすい繊維は、繊維業界の魔法の糸とも言われています。しかし製造過程では公害をもたらしリサイクルするのも簡単ではありません。例えばナイロンは完全に自然に還るまでに30年~40年かかります。綿などの自然繊維も環境に優しいとは言えません。綿栽培のために耕されている農地は世界の3%ですが、使われている殺虫剤は世界の4分の1、除草剤は10%にもなります。

服の制作に携わっている途上国の労働者は、多くの場合、乏しい健康基準・安全基準しかない環境のもとで働かされています。賃金は生活するのに必要最低限な額を下回っている場合がほとんどです。

日本では年間約117万トンの服が消費され、約106万トンが捨てられています。アメリカでは2000年、年間1人あたり平均して47.7アイテム(服、鞄、靴、帽子、アクセサリーなど)が消費されています。ちまたにあふれるほとんどの服は、自然環境や生産者に何かしらのダメージをもたらしているとも言えます。大量生産、大量消費、そしてグローバル経済の悪しき側面が、他のどんな産業にも増してファッションの分野では顕著です。私たちが気に入った服を日々買い求めることが、地球にも人にも優しくない今の繊維産業やアパレル産業を知らず知らずのうちにサポートしてしまいます。

そんな悪循環を断とうと今、世界的に盛り上がっている消費者のムーブメントが、エコロジーやフェアトレードを意識したファッションです。自分の買おうとしている服が、どこで誰がどのようにして作っているかに意識を向ける人たちが増えています。ヨーロッパでは各地でエコロジカルなファッションショーが開かれ、オーガニック・コットン、ヘンプ、竹などのオーガニックな素材を利用するファッション・デザイナーや小売店鋪も増えてきています。

また友達同士で服を交換したり、服の端切れで新たな一着をリメイクしたりしてクリエイティブに楽しみながら、環境や生産者にダメージを与えるものは買わないという動きも世界中で始まっています。日本でも国産の無農薬野菜を食べたりと地球にも自分にも健康的な「食」の在り方が求められています。「衣」に関しても自然環境と調和した考え方や、新しい世界観が必要です。あなたが今着ているその服は、それを作った人や自然とあなたとを結びつける役割をはたしています。


Featured Artists

John Connell

1996年、グラスゴウとエディンバラ(スコットランド)にてDJ 活動を開始。2000年に一時期ロンドンに移りクラブやバーでの...

丹羽 順子

Japangreen.tv | 環境コンサルタント | UNEPコンサルタント | RYT200

人間が自然界とつながりを取り戻し、地球共同体のきずなが強まった新しい地球文化が芽生えた世界こそが、kokoが想い描く近未来...

マテジ・ジュレンカ

3年以上インドに住み旅しながら、長い期間をマイソールにて Shree Jayakumar SwamishreeやShree Bharath Shettyのもとで学んだ...

パトリック・オアンシア

YogaJaya創立者 | BASEWORKS創立者 | ERYT500 | YACEP

BASEWORKS Practice動きのシステム創作者、兼、YogaJayaスタジオ創立者...


Location:

a-bridge
予約は近日公開予定