新型コロナウイルス感染症に関するスタジオ最新情報はこちらから

寺崎由美子のインヴァージョンクリニックコース

November 15, 2009 - December 20, 2009
Tags : | アーサナ | チャクラ | ハタヨガ | ヨガ・プロップの使い方 | 逆転のポーズ

この6週間のコースでは、ヘッドスタンドをはじめとする逆転のアームバランスを、具体的な視点から捉えていきます。私たちがアーサナをする時、自分の姿の360度を鏡で見ることは出来ません。「ヘッドスタンドやスコーピオンを克服したいが、どこが間違っているのか、どうすれば出来るのか解らない」という問題を、① 基本のポイントを理解し②お互いを鏡とすることで自己の身体感覚を意識化③さらに心眼で自己の全身像を捉えることで解決していきます。

またヘッドスタンドの基礎はあらゆる上級逆転ポーズの土台となります。ヘッドスタンドが目標の方は6週間後の達成を、すでに出来る方はその基礎を起点として、上級ポーズへの安定した移行を目指していきましょう。

週毎にテーマを設定していますが、基本的にはそれらのトピックを参考にし、個々のレベルに合わせたプラクティスを行っていきます。その為、このコースは、ヘッドスタンドから上級ポーズまで、レベルに合わせて段階的な目標を設定できるよう構成されています。

各自目標を定め、乗り越えることで、新たな自己の可能性を見出す、鍛錬の6週間です。

コースカリキュラム

第1週目:なぜ逆転するのか?

ヨーガにおける逆転とバランシングの意義を知り、知識と身体意識の結合を図る。

第2週目:ヘッドスタンドの基礎知識
ヘッドスタンドに必要な条件とは?そのメカニズムを細かく分析し、実践。

第3週目:ヴァリエーションの紹介と練習①ハンドバランス系

ヘッドスタンドのヴァリエーション、またカーカアーサナなどへの流れ。

第4週目:ヴァリエーションの紹介と練習②前腕バランス系

ヘッドスタンドからヴリスチカアーサナなどへの流れ。器具を使った練習方法の紹介。

第5週目:ヴァリエーションの紹介と練習③フロー

チャクラからチャクラへ、意識を移動させる優雅なフローを、相互にサポートしながら。 (例)頭立→バックベンド→前屈→ショルダースタンド→ハンドスタンド など

第6週目:目標の達成と安定

身体の静寂の中に意識の静寂を得ることは、自己の理解と受容へと繋がります。


講師紹介

寺崎 由美子

ヨガと音楽に注ぐ情熱を織り交ぜながら、現在ジャズ・フュージョンや即興の勉強に励んでいる。オフは多くの時間を自然の中で過ごし...


Location:

YogaJaya
Tokyo, 1530042 Japan + Google マップ
サイト: yogajaya.com
予約は近日公開予定