視野を広げる:オープンアイ・メディテーション エラーナ・カッツのコース

February 2, 2011 - March 30, 2011
Tags : 瞑想

このコースはオープンアイ・メディテーション(目を開けたままの瞑想)のテクニックと、視覚的体験を深め、和らげ、そしてチャレンジしていく視覚的なプラクティスに瞑想を至らせることからの、穏やかでセラピー的な効果を詳しく見ていきます。9週間のコースで、参加者は抑えたスペースでの瞑想の居心地のいい場所から離れることを求められ、さまざまな刺激や相互作用の形を瞑想的なプラクティスに合わせていきます。

コースカリキュラム

1週目

視野を和らげ、広げる基礎的なテクニック。
根付かせるエネルギーのための気功のテクニック (目を開けたままのプラクティス)。

2週目

視野を広げるプラクティスを深める。
より長い瞑想のプラクティスを始める。

3週目

瞑想状態に作用する身体の姿勢 – 動き、静けさ、反射刺激。

4週目

オープンアイ・メディテーションのプラクティス – 双方向性/パートナーのクラス。

5週目

長い時間にわたる瞑想的なエクササイズ。 双方向性/パートナーのクラス。自分の心地のいい境界から離れる概念を探求する – このプラクティスから何が分かるか?

6週目

目をぱっちりと閉じた瞑想。

目を開いているということは、見ることに通じます。しかし、目を閉じているときは何が見えるのでしょうか?見ることの概念が、どのように目を閉じる瞑想のプラクティスに情報を与え、深めていくのでしょうか?

7週目

アーティスティックな視覚刺激を使ったオープンアイ・メディテーション。瞑想状態がどのように自分の芸術の吸収に影響するのか?

8週目

瞑想的なプラクティスをスタジオの外へ持ち出す。参加者は街中での瞑想的な歩きに連れ出されます。

9週目

日常生活の中、そして瞑想やヨガのプラクティスの中でのオープンアイ・メディテーションのテクニックの使用についてのディスカッション。コース内容の結論的な評価 – 瞑想的な相互作用、瞑想のプラクティスにおける心地のいいレベルを離れること、スタジオの閉ざされた空間を離れること、瞑想がどのように視覚的刺激の融合に影響するか。最後は瞑想で締めくくります。


Featured Instructors

エラーナ・カッツ

エラーナ・カッツはクラシックダンサーとしてトレーニングを受けていた11歳のときに初めて…


Location:

YogaJaya
Tokyo, 1530042 Japan + Google マップ
サイト: yogajaya.com
予約は近日公開予定