ジェイソン・バーチとジャクリーン・ハーグリーヴス: モーニング・プラクティス・イマージョン

September 1, 2010 - September 30, 2010
Tags : | アーサナ | アームバランス | アシュタンガ・ヨガ | ヴィンヤサ | クリヤヨガ | ティーチャートレーニング | ハタヨガ | バックベンド | バンダ | プラナヤマ | マントラ | ヨーガスートラ | ヨガ・アジャストメントクリニック | ヨガティーチャートレーニング | ヨガの歴史 | 指導技法 | 逆転のポーズ

ヨガの本質は毎日の練習であり、朝のプラクティスはその日の残り一日の調子を定めます。けれども、一日を前にして、マインドもともにすっきりとして落ち着いてクリアな感覚を得られるプラクティスを築くためにはいくつかの理解と技術が必要になります。

このモーニング・プラクティス・イマージョンでは最小限の努力で熱を作り出す浄化と呼吸のテクニックと、ウディヤナ・バンダ(穏やかに腹部を中に引き上げる)の練習を促進するアサナのシークエンスにフォーカスします。これらのプラクティスの元気づける効果を楽しみながら、過度に激しく努力しすぎないことを目的とします。生徒はそれぞれ 最も効果的な自分の練習を見つけ出せるように、バリエーションや異なるシークエンスで働きかけることを奨励されます。

数週間にわたり、モーニング・プラクティス・イマージョンではクリヤとプラナヤマの練習を築き上げていきます。神経系に活気を与え落ち着かせるための片鼻腔ずつの異なる呼吸法とともに、短い呼吸保持をいれた早い呼吸も教えられます。身体が温まったところで、最小限のストレッチを必要とする逆転ポーズがプラクティスのフォーカスとなります。毎クラスは深いリラクゼーションのプラクティスで締めくくられます。

すべてのレベルの方々にご参加いただけます。

注:このイマージョンはプラクティスに重きを置いた内容となるため、通訳はつきません


講師紹介

ジャクリーン・ハーグリーヴス

BE (Hons) / E-RYT

ジャクリーン・ハーグリーヴスは歴史ある練習を、今日の(主にセラピー的)環境にて応用することを研究しています。...

ジェイソン・バーチ博士

東洋学博士: Oxford University | ERYT500 | YACEP

ジェイソン・バーチはオックスフォード大学東洋研究で博士号を取得しています。インドの中世ヨガ伝統、特にハタとラージャヨガを研究しています。


Location:

YogaJaya
Tokyo, 1530042 Japan + Google マップ
Web サイト: yogajaya.com
予約は近日公開予定