マーク・シュヴェイマ: 神殿として身体をみる :基礎と神聖な空間の探索

September 17, 2011 - September 18, 2011
Tags : | アーサナ | アヌサラヨガ | チャクラ | ハタヨガ | プラナヤマ | マントラ | 瞑想

CET (継続教育プログラム)

このイマージョンは、ヨガジャヤ認定とヨガアライアンス登録を維持するための、YJCETとヨガアライアンスCET(継続教育プログラム)に認定されています

CETプログラムに関する詳細はこちら

どのような種類の基礎にあなたの人生が最も深く根を下ろしていますか?

あなたの人生の基礎の上には、どのような神聖な空間が築き上げられていますか?

こういったものをアーサナの練習を通じて探索していく。身体とムーラダーラとスワーディシュターナといった感情におけるエネルギーの渦、この両視点から見ていく。

身体は神聖な器であり、感情の中核部と私たちの間に、より調和のとれた関係性を築き上げる方向へ向かう動きを支援する能力を具えている。身体から伝達されたことに真に深く耳を傾けるとき、自分の感情の状態に対して奥深い洞察を受け取ることも同じようにできる。

マー クはアヌサラ・ヨガの系統からアラインメントの原則を教える。これらの原則によって、身体の末端を安定化させる方法において理解を大きくしていくことがで きる。ここで得られる安定性によって、身体の中心核とさらに強いつながりを経験することが可能になる。そしてよりいっそう双方間に調和の関係が築き上げら れる。同時に、基本的なマントラの復唱やプラーナヤーマおよび瞑想に取り組むことで、ムーラダーラとスワーディシュターナの感情面のエネルギーとの接点へ と気がつく意識を向ける助けとなる。こうすることで、自分自身の感情に据えられた基礎と神聖な空間を探索し始めることができる。

両ワークショップともにあらゆるレベルの方に向けて開かれています。事前にアヌサラやチャクラの経験は必要ではありません。求められるのは好奇心と冒険心のみです!

モジュール1:基礎

9月17日(土) 08:00-10:30

このワークショップは、立位のバランス、後屈、および手でバランスをとるポーズを短く組み合わせて行います。ここでのチャクラの着目点はムーラダーラです。背後にある意図は、根が張られた感覚や安定性が感じられる基礎を作り上げることにあります。次のことを学びます。

・基礎を的確に築く方法

・身体の末端をエネルギー体の核に統合する方法

・怪我の予防のために関節に支えを作りだす方法

モジュール2:神聖な空間

9月18日(日) 08:00-10:30

このワークショップでは、ヒップ・オープナー、ねじり、および前屈を行います。ここでのチャクラの着目点はスワーディシュタ-ナです。安心感と安全性を感じられる神聖な空間を作りげることを意図とします。次のものを学びます。

・背骨を有効に配置する方法

・胴体に肉体面とエネルギー面に、さらに空間を設ける方法

・骨盤と腰の肉体面とエネルギー面にある緊張を緩める方法


講師紹介

マーク・シュヴェイマ

アヌサラ正式認定指導者。 ハタヨガを96年から始め10年以上の指導経験をもつ。アヌサラ創始者ジョン・フレンド氏のもとで500時間のトレーニングを積む...


Location:

YogaJaya
Tokyo, 1530042 Japan + Google マップ
サイト: yogajaya.com
予約は近日公開予定